短編 に更新

雨の街のテル

連載途中のコミック (69 / 144ページ完成)

本編

1ページ目

(1コマ目 昼間。摩天楼の立ち並ぶ街並みのロングショット。寒々しい空は一面が雨雲に覆われ、降りしきる雨がビルのシルエットをぼやかしている。)

かつて、この街には
1400万の人々が住んでいたという。

2ページ目

(1コマ目 場面は突然変わる。大きな音を立ててガラスが砕け散る。ガラス片と共に飛び込んできたのは何者かによって投げ込まれたコンクリートブロック。)

(2コマ目 ブロックがガラス片だらけの床に落ち、鈍い音を立てる。)

(3コマ目 割られたのは前面ガラスの自動ドアだった。室内には大量の破片とブロック、外側にはそれを投げ込んだ人物の影。)

はぁ、はぁ……
やっと割れた。

3ページ目

(1コマ目 ビル街のロングショット。地面が霞むほどの豪雨で、街は全くの無人である。ただ一人、謎の人物が割れたドアに屈んで腕を突っ込み、鍵を開けようとしている。人物が侵入しようとしている建物はコンビニらしい。)

現在の人口、多分1人。

(2コマ目 コンビニの看板には24の文字があるが、店内は薄暗い。)

(3コマ目 ドアが開けられ、店内に侵入した人物。背丈からすると子供のようだ。子供の顔はまだ見えない。子供は全身黒色の服を着ているが、長袖コートの裾から出た手や、ハーフパンツの下から覗く膝は白い。首元には白いシャツと黒いネクタイが見える。)

(4コマ目 店内の商品を見渡す子供の後ろ姿。少し長めでウェーブの掛かった黒髪は雨に濡れている。子供は茶色いリュックサックを背負っている。店内にはこの侵入者以外に人の気配は無いが、子供が突然呟く。)

トム、起きてるんだろ。
そろそろ出てこいよ。

(5コマ目 背中のリュックがもぞもぞと動き出す。)

4ページ目

(1コマ目 子供はリュックの肩ベルトに手を掛ける。子供が振り向くと、その顔はあどけない少年のものだった。同時に、リュックの中からにゅっと生き物が顔を出す。首輪を付けた白い短毛の猫は、少年に向かって言葉を発する。)

ぷは〜、よく寝た。
もう着いたのかよ。

(2コマ目 リュックから飛び出し、光沢のある床に着地する猫。)

(3コマ目 猫は何かに気付き、ある方向を見つめている。一方、少年は商品棚から缶詰をすくい、次々と自分のリュックの中に放り込んでいる。)

食べ物、
食べ物〜。

5ページ目

(1コマ目 白猫の後ろ姿。猫が見つめる商品棚はペットフード売り場だった。そこにはレトルトパウチや缶詰が並んでいる。)

テル、こっちに
猫の絵がついた
袋があるよ!

(2コマ目 ペットフード売り場に近寄り、猫の隣に屈み込む少年。)

袋入りの食べ物は
ダメだよ、腐ってる
かもしれないから。

缶詰だけ
持って行こう。

やっぱり?

(3コマ目 窓の外から、ザ…ザ…ザ…と足音が聞こえてくる。)

(4コマ目 足音に気付き、振り向いた少年の顔には恐怖の色が浮かんでいる。)

(5コマ目 血相を変えて慌てる少年。)

テル!

警官だ!
隠れなきゃ!

(6コマ目 窓際の雑誌棚の側の床に飛び込む少年。窓の外から聞こえるザ…ザ…ザ…という足音はどんどん大きくなる。)

6ページ目

(1コマ目 ザッ、ザッ、ザッ、という足音と共にコンビニの表を通り掛かるのは、人型のロボットの一団だった。それらは長身で首は異様に細く、顔はのっぺらぼうである。長い円筒状のマーチング帽子をかぶり、隊列を組んで行進する様子はオモチャの兵隊を彷彿させるが、真っ黒の全身は親しみよりも威圧感を振りまいている。少年は猫を抱き、床に伏せたまま動かない。少年とロボット警官たちは窓ガラス一枚と雑誌棚を間に挟み、その距離は1メートルもない。だが、雑誌棚の死角に隠れたテルに、ロボットたちが気付く様子はない。)

7ページ目

(1コマ目 ロボットたちの足元のアップ。ザッ、ザッ、ザッ、という足音い混じってカチャリ、カチャリという機械音が聞こえる。)

(2コマ目 少年テルと猫のトムのアップ。テルの目は固く閉じられ、冷や汗を流している。トムは外を睨んでいるように見える。)

(3コマ目 ビル街のロングショット。規則正しい足音は遠ざかっていき、黒いロボットたちは雨霧の向こうに消えていく。)

(4コマ目 屈み込んだままのテルの腕の中から、トムが顔を出し、窓の外を一瞥する。)

…………。

……テル、
あいつら行った
みたいだよ。

8ページ目

(1コマ目 絵の無いコマ)

西の大陸から流れ込んだ分厚い雨雲は
明るい太陽を覆い隠し
凍える人々は姿を消した。

彼らがこの街に残していったのは
僅かな食料と消し忘れの電灯
そして不気味な機械たちだけだった。

(2コマ目 二十数階はあるであろう大きなガラスビル。)

(3コマ目 狭くて薄暗い道を、黒い傘をさしたテルが寂しく歩いている。)

(4コマ目 さらに狭い裏路地に、傘を擦りそうになりながら入っていくテル。その腕にはトムが抱かれている。裏路地の片側の建物には裏口らしき扉が付いている。)

(5コマ目 裏路地にいた二匹の野良猫がこちらに気付き、顔を向ける。片方は黒いハチワレで、もう片方は三毛猫である。)

あ、トムと
人間だ。

おかえりー。

9ページ目

(1コマ目 トムがテルの腕からで出ようとする。)

僕ちょっと友達に
挨拶してくるよ。

ああ、
わかった。

(2コマ目 二匹の野良猫はゴミバケツの横の小さな囲いの下で雨宿りをしているようだった。トムは二匹の元に走り寄る。テルはどこからか鍵束を取り出し、チャリチャリと音を鳴らしながら鍵をめくっている。)

(3コマ目 トムに向かって話しかける二匹の野良猫。)

しっかし、お前も
物好きだよなぁ。

そうそう。
なんで人間なんかと
つるんでるんだよ。

(4コマ目 二匹の視線が集中するのはトムの首輪。)

今時「飼い猫」
なんかやってるの、
お前だけだぜ。

(5コマ目 鍵をドアノブの鍵穴に差し込むテル。一方トムは野良猫たちの言葉に対し、むしろ得意な顔をして答える。)

そうだよー、
今となっては僕は
貴重な存在なんだ。

(6コマ目 トムとそれを見つめる二匹の野良猫。)

テルは
この街で最後の
人間だから……

つまり僕は
最後の飼い猫
って事さ。

ふぅん。
まぁ頑張れ。

10ページ目

(1コマ目 ドアがキイイと音を立てて開く。テルはドアノブを片手に、トムの方を振り返る。)

トム、
おいで。

(2コマ目 テルは真っ暗な屋内に入りつつ、駆け寄るトムを迎える。)

(3コマ目 ドアの中から野良猫たちに話しかけるテルと、それに応えるハチワレ。)

あの、皆さんも
良かったら……

あ、お構い
なく〜。

そうですか、
それでは……

(4コマ目 ドアを閉めるバタンという音と、それに続いてガチャリと鍵が掛けられる音が、再び人影の無くなった狭い裏路地に響く。)

(5コマ目 場面は変わり、室内。カーペットに置かれた湯沸しポットから伸びたプラグが白い壁のコンセントに刺さっている。ポットとその周りにある沢山の缶詰を、窓からの光が照らす。)

(6コマ目 缶詰に囲まれたティッシュペーパーの箱と、片手鍋。鍋の中の湯からは湯気がのぼっている。)

11ページ目

(1コマ目 部屋の中のロングショット。室内には折りたたみ式のロングテーブルが三つ並んでおり、四つ目のテーブルは床に倒され、バリケードのようになっている。バリケードの向こう、部屋の奥側の壁は一面がガラス窓になっており、窓の外には沢山のビルが見えるが、そのシルエットは相変わらず振り続ける雨でぼやけている。床は一面がカーペットで、部屋の隅の床に置かれたポットや鍋のすぐ側には、膝を抱える姿勢で座り込んだテルがいる。また、トムはその傍で伏せている。)

(2コマ目 トムの眼前には食べ物の入った椀が置かれ、トムはそれをもぐもぐと食べている。)

(3コマ目 テルはどこかつまらなそうな顔をしながら、右手に持ったフォークを缶詰に突っ込み、その中身を食べている。)

12ページ目

(1コマ目 トムは空っぽになった椀を見つめながら、缶詰の底をフォークで引っ掻いているテルに話しかける。)

……ねぇ、
テル。

なに?

(2コマ目 床に何個か転がった空っぽの缶詰のアップ。)

缶詰食べるのも
ちょっと飽きて
きたなぁ。

……そうだね。

(3コマ目 夜。部屋の中は暗く、窓の外では雨が降り続いている。)

(4コマ目 床に置かれた卓上ランプは柔らかい光を放っている。)

(5コマ目 床に倒された三つのロングテーブルが三方を囲んでいる。その囲いの中には数冊の本が置かれ、丸くなっているトム、そしてパジャマに着替え、毛布のようなものをかぶってうつ伏せに寝転がっているテルがいる。トムが見つめる最中、テルはランプの明かりを頼りに、大きな手帳にペンで何かを書いている。)

13ページ目

(1コマ目 テルの手元を見下ろすトム。その表情はどこか呆れ顔である。)

テルの歳ならちょっと
ぐらい漢字が書けても
いいはずなんだがなぁ。

(2コマ目 赤面してトムを睨みつけるテル。トムは意に介さず、テルの左手を踏み越えて歩いていく。)

うるさいなぁ!
そう言うお前は
字が書けるのかよ。

猫の手では
ペンは持てま
せぇん。

(3コマ目 ふあ〜あ、と大きなあくびをするトムと、それを見つめるテル。)

……もう
寝よっか。

(4コマ目 テルがランプに手を伸ばしてスイッチを押すと、周囲は暗くなる。)

(5コマ目 もぞもぞと動いて毛布のようなものを深くかぶるテル。)

(6コマ目 テルの右手と、毛布に潜っていくトムの尻のアップ。)

14ページ目

(1コマ目 ロングテーブルのバリケードに囲まれて眠りに落ちるテルとトム。一人と一匹は身を寄せ合うように丸くなっている。)

(2コマ目 大きなガラスビルのロングショット。テルたちの住処となっているその建物は、夜の雨の中に浮かんでいる。ビルは一箇所を除き、ほとんど全ての窓が不自然な薄明かりを放っている。)

15ページ目

(1コマ目 昼間。街のどこかの雑然としたビルの並び。)

(2コマ目 服屋の店内。テルは沢山の服が畳んで置いてある棚に手を伸ばして物色している。トムはその横で興味もなさそうに自分の手を舐めている。)

(3コマ目 ビルの廊下を歩くテルとトム。テルは何とは無しに窓の外に目をやる。)

少し雨脚が
弱くなってきた
かな……

(4コマ目 退屈そうな表情で、引き続き窓の外を見ているテルのアップ。)

ん?

(5コマ目 テルの目元のアップ。その表情はさっきとは打って変わり、目は信じられないものを見たかのように見開かれている。)

(6コマ目 窓から見た地上の風景。歩道には、なんと人間のシルエットが一つ。)

(7コマ目 ビルの廊下。)

人影だって?

16ページ目

(1コマ目 廊下を疾走するトムとテル。)

そりゃ警官の
見間違いじゃ
ないの?

集団じゃなくて
一人で歩いてたんだ。
あれは人間だよ!

この街にもまだ
居たんだ!

(2コマ目 片開きの小さな窓を開き、身を乗り出すテル。外はビルとビルの間の狭い空間で、数階下に地面が見える。)

(3コマ目 隣のビルの壁に取り付けられた小さいろく庇に飛び移るテル。トムもそれに続こうとする。)

(4コマ目 薄いろく庇の上を進むテルとトム。)

危ないよ、
こんな所を
進んで。

いいんだ、
それより早く
外に出ないと。

17ページ目

(1コマ目 テルの足元のろく庇に突然ヒビが入り、大きな音を立てて割れる。)

(2コマ目 庇の一部が完全に外れ、テルと一緒に落下する。トムはそれを無事な部分の庇で立ち止まって見つめる。)

うわああ
ああああ‼︎

(3コマ目 鈍い音を立てて地面に落ちたテルのアップ。その表情は痛みに歪んでいる。)

(4コマ目 のろのろと立ち上がるテルの後ろでスタイリッシュに着地するトム。)

ほら、言わん
こっちゃない。

いてて……
時間を食った。
急がないと。

(5コマ目 開けた場所に駆けて飛び出すテル。そのすぐ目の前には複数のの黒い人影がある。)

18ページ目

(1コマ目 不吉な表情で人影の方に振り向くテル。)

あ……

(2コマ目 テルの目線より遥かに高い場所に並んだ黒いのっぺらぼうの顔が、小さな少年を見下ろしている。それはロボットの警官だった。)

(3コマ目 一瞬の静寂の後、トムを抱え、血相を変えて走り出すテル。そのすぐ後ろを合計四体の警官が走って追いかける。)

19ページ目

(1コマ目 走る警官たち。)

(2コマ目 泣きながら走るテルと、その胸に抱かれたトム。)

やばい、やばい、やばい、
やばい、やばい………‼︎

(3コマ目 ロングショット。建物が密集した歩道と車道の区別もない狭い道路で、小さな少年を徐々に追い詰める警官たち。)

(4コマ目 警官の右手のアップ。どこからともなく取り出された警棒がカチャっと音を立てて伸長する。)

(5コマ目 ロボットが警棒でテルの左腕を殴りつける。)

あぐっ‼︎

(6コマ目 苦渋の表情を浮かべ、抱いた猫を庇うように肩から倒れる少年。跳ねる水しぶきに写ったテルの姿はぼやけている。)

20ページ目

(1コマ目 地面に倒れこんだまま顔を持ち上げ、ぜー、ぜーと肩で息をするテルと、それを見下ろす大きなロボットたち。少年の腕の中の猫も飼い主と同じくロボットたちを見上げている。)

テル……!

(2コマ目 テルを見下ろしたまま声を発するロボットの一体。)

この地域は危険区域に
指定されました。

(3コマ目 ロボットたちは少年の周りをうろつき、一体が音声を発している最中別の一体は警棒を振り回している。テルたちは地面に倒れたまま動けない。)

終わった。

住民の皆様には
避難命令が発せ
られています。

直ちに避難して
下さい。

(4コマ目 テルの顔のアップ。少年の目元は濡れているが、その目はロボットたちを恨みとも憎しみとも取れる表情で見上げている。)

僕もみんなと
同じように……

南方に連れて
行かれる……‼︎

(5コマ目 ロボットたちのうちの残りの三体も警棒を取り出して構える。)

当該住民に
抵抗の兆候あり。

21ページ目

(1コマ目 じりじりと近づいてくるロボット。)

強制移送のため、
あなたを拘束
させて頂きます。

(2コマ目 ロボットの右手のアップ。その手は次の動作のために振り上げられている。)

(3コマ目 思わず目を閉じるテル。)

(4コマ目 軽快な足音が駆け寄ってくる。)

(5コマ目 次の瞬間、何か棒状の物が飛び出し、振り下ろされた警棒と激突して思い金属音を立てる。)

(6コマ目 恐る恐る片目を開けるテルは、自分とロボットたちの間に別の人影がある事に気付く。)

………。

…………?

22ページ目

(1コマ目 予想外の光景に目を見張るテルとトム。自分たちの前に謎の人物が立ちはだかっている。その身長はテルには大きく見えるが、ロボットよりはずっと低い。謎の人物はショート丈のコートに付いたフードを深くかぶり、顔は見えない。背中には黒いリュックを背負い、ジーンズの裾は光沢のあるロングブーツにしまわれている。手には手袋をしているのか、真っ黒で肌の色は見えない。その両手は長い一本の剣が握られている。)

23ページ目

(1コマ目 謎の人物の後ろ姿とロボットたち。緩やかな曲線の刃に当てられた警棒は、その持ち主と共に固まっている。)

(2コマ目 キョロキョロと首を動かし始めるロボットたちのアップ。二つの武器はギギギと軋む音を立てている。)

(3コマ目 テルの顔のアップ。驚きと好奇心に満ちたその目からは悲壮感は抜け落ちている。)

(4コマ目 謎の人物の手元のアップ。握った手ににわかに力が入る。)

24ページ目

(1コマ目 人物が突進するかのごとく剣を振り上げ、警棒が払われる。)

(2コマ目 続いて剣が振り下ろされると、ロボットはそれを自らの腕でガードし、硬い衝撃音が響き渡る。)

(3コマ目 ぎこちない動きのロボットの顔のアップ。)

25ページ目

(1コマ目 閃光が走り、ガリっと音を立ててロボットの首に刃が突き刺さる。)

(2コマ目 首に刃が刺さったまま押し倒されるロボット。)

(3コマ目 ロボットが倒れ、重い音と共に水しぶきが上がる。次の標的に向かって走り始めた人物を前に、仲間の警官たちは慌てている。)

攻撃者を発見。
不明な武器が使用
されました。

対処法を
検索……

26ページ目

(1コマ目 すかさず二体目のロボットの首に剣が突き刺さる。)

しㇺ……

(2コマ目 謎の人物が剣を振り上げると、刃を引き抜かれた二体目のロボットが力なく倒れる。)

(3コマ目 そのままの勢いで三体目のロボットの顔面に、今度は剣の柄頭が激突する。)

(4コマ目 三体目のロボットの顔面はぐちゃぐちゃにひび割れている。ロボットは思わず顔を手で覆って奇声を発するが、人物はすでに4体目のロボットの元に駆け寄っている。)

アアアアアア
アアアアア‼︎

27ページ目

(1コマ目 人物の周りを一回転する剣。)

(2コマ目 人物の動きが止まると、背後では四体目と三体目のロボットの首が切り裂かれ、空中には破片が飛び散っている。その瞬間、はるか後方ではようやく二体目のロボットの背が地面に接触し、水しぶきをあげていた。)

28ページ目

(1コマ目 ガシャンと音を立て地面に倒れこむ三体目と四体目のロボット。ヒビだらけだった三体目の顔面は、その衝撃で黒いガラスの破片となって弾け飛ぶ。今までは見えなかった顔面の下には、人間の目に位置する場所にカメラセンサーがある。)

(2コマ目 上体を起こし、恐ろしげな表情で人物を見上げるテルとその腕に抱かれたトム。)

(3コマ目 テルの横顔と、謎の人物の後ろ姿。剣を正面に構え直した人物の周囲の地面には四体のロボット警官の亡骸が横たわる。)

な……何が
起こったんだ?
あいつは一体……

(4コマ目 くるっとこちらを振り向く謎の人物。)

29ページ目

(1コマ目 ギクッと緊張して身をよじるテル。その視線の先には、上向きになった刃がある。)

ひっ!

(2コマ目 完全にテルの方を向いている謎の人物。フードに隠れたその顔はまだ見えないが、二つの目だけが不気味に光り、テルを見下ろしている。)

……………。

(3コマ目 二人のロングショット。片手で猫を抱き、尻餅をついた姿勢のまま後ずさるテル。謎の人物は右手で剣の鞘を持ち、左の腰にぶら下がっている黒い鞘の先端と剣の先端を一緒に左手で掴んでいる。)

あ、あ、
あの……

き、君は、
その……

(4コマ目 謎の人物の腰のアップ。剣が鞘の中に収められる。)

(5コマ目 謎の人物はフードを外す。目を丸くするテル。)

あ……

30ページ目

(1コマ目 フードの下から出てきたのは、短いツンツンの黒髪。肌はテルと同じぐらい白いが、顔つきはテルよりもどことなく大人びている。無表情にテルを見下ろすそれは、紛れもなく人間の少年の顔だった。相手の少年は口を開く。)

人間だ。

(2コマ目 テルの顔のアップ。その瞳はぼんやりと相手を凝視し、頬はそこはかとなく赤らんでいる。)

………。

(3コマ目 立ち上がろうとするテルと、直立不動でテルを見下ろしたままの少年のロングショット。)

お前、怪我は?

い、いや……
あ、ありがとう。

31ページ目

(1コマ目 唐突に外方を向き、歩き始める謎の少年。)

……じゃ、俺は
先を急ぐんでな。

(2コマ目 慌てた顔で手を伸ばそうとするテルのアップ。)

あっ……
ちょ……

ちょっと待って‼︎
もう行っちゃうの⁉︎

(3コマ目 立ち上がって相手に近寄るテルと、立ち止まって今度は身体を横向きに、顔をテルの方に向ける少年のロングショット。)

他の人間に
会ったのはすごく
久しぶりなんだ!

もっと話を
聞かせてくれ
ないかな?

……何だよ。

(4コマ目 謎の少年を見つめる、ぎこちない笑顔のテルと、その腕に抱かれた仏頂面のトム。背後には警官の死体が映る。)

君の持ってる
それは武器……
なんだよね?

警官4体を一瞬で
やっつけたけど……
一体どんな仕掛けが?

(5コマ目 食いつくように謎の少年を見つめるテルの横顔と、無表情にそれを見つめ返す相手。)

お礼もしたいし、
良かったら僕の
所に来ない?

………。

32ページ目

(1コマ目 相手を見つめるテルとトム。)

……あ、いきなり
ごめん。僕はテル
って言うんだ。

こっちは
白猫のトム。

は、初めまして。

(2コマ目 下を向いて目を瞑る謎の少年。その口元は微かに笑っている。)

……俺の名前は
タスクだ。

(3コマ目 再び目を開き、優しい笑みでまっすぐテルを見据えるタスク。)

この武器が何なのか
気になるか。

教えてやっても
いいぜ。

(4コマ目 うっとりとした表情で静かにタスクを見つめるテル。)

33ページ目

(1コマ目 回想シーン。画面は不鮮明で、セリフはところどころが塗りつぶされている。場所は不明だが、背景は明るい。低い位置から見上げた大人の男性二人の顔のアップ。片方は若い黒髪で、片方は白髪で髭の老人だが、逆光になっている二人の顔はよく見えない。いずれも背広を着ている。)

おや、珍しいのう。
どこからおいでなすったのかね、
そこの    。

ああ、こいつ確か……
カズミん所にいるガキですよ。

(2コマ目 雨の降る昼の空。)

(3コマ目 明るい場所。黒髪の男性の後ろ姿。男性は大きな窓から外を眺めている。窓のふちの壁は白い。)

……そうか、じゃ、
お前の名前は今日から
テル、だ。

僕の……名前?

(4コマ目 少し暗い場所。言い争いをしている男女。背広の若い男は怒りの形相で、女を指差している。長い黒髪を束ねた女は後ろ姿で表情は見えないが、拳は固く握られている。)

カズミ、お前、
自分のガキに
何やってるんだ!

いいのよ!
こうするのが   の
ためなんだから!

34ページ目

(1コマ目 暗い場所。遥か頭上の天井には丸い照明が点々と並んでいる。)

この場所の事は絶対に
誰にも秘密だぞ、テル。

うん、お兄さん。

(2コマ目 明るい場所。若い男性の胸部のアップ。男性は右手で懐から拳銃を取り出そうとしている。)

テル、逃げろ‼︎

(3コマ目 明るい場所。老人の横顔。)

……う、うーん。
そうじゃな、それはきっと
わしらが大人だから……

お前さんはまだ
子供だからのう……

(4コマ目 暗く、さらに不鮮明な画面。雲のようなもや。)

(5コマ目 真っ暗だが、どこからか怪しい光が差し込んでいる場所。女性の胸部のアップ。女性はこちらに右手を差し伸べている。)

   、おいで。

35ページ目

(1コマ目 再び現在。建物の内側。ドアがギーッと音を立てて開くと、外には白猫と二人の少年の姿が見える。)

(2コマ目 猫と二人の足元のアップ。滴り落ちる水滴が床を濡らし、外から差し込む光を淡く反射させている。人間二人の先陣に立って屋内に入ったトムが口を開く。)

どうぞ入って
下さいな。

(3コマ目 テルによってドアが閉められ、室内はにわかに暗くなる。あたりを見渡すタスク。)

ビル…の裏口?
変な所に住んで
るんだな。

正面玄関は
大通りに面してて
危ないから……

(4コマ目 テルがドアの側にあった棚のようなものを引きずり、重い音を立てる。タスクはテルの発言に応答しながら何かに気付く。)

なるほど……

(5コマ目 タスクの後ろ姿が、T字の通路のうちの一つを見つめている。照明もなく暗いその通路の入り口には、三角コーンとそれに斜めに掛けられた工事現場のポールのようなものが置かれ、人の侵入を拒んでいるように見える。通路の途中には無造作に置かれたダンボール箱が一つある。通路の奥は暗いが、突き当たりには狭いエレベータのドアが見える。ドアの上にはランプの光が見える。)

36ページ目

(1コマ目 ポールを乗り越えて通路を進もうとするタスク。その後ろで、テルは慌てた顔をする。)

あ……

ち、ち、
違う、違う!

(2コマ目 タスクの左腕のアップ。背後からテルの右手が飛び出し、抱きつくようにがっしりとタスクの腕を捕まえる。)

(3コマ目 キョトンとした表情でテルの方を振り向くタスク。)

ん?
エレベータに乗る
んじゃないのか?

そ、そっちは
地下に行く
エレベータだから!

(4コマ目 テルの顔のアップ。テルはなぜか真っ赤な顔で必死の形相をしている、)

地下には何も
無いから!

(5コマ目 戸惑い、同じように赤面するタスクの顔。そのタスクにかじりついたままのテル。)

あ、ああ……
そうかよ。

本当だよ!
本当に何も
無いからね!

37ページ目

(1コマ目 二人が向かったのは広くて明るいエレベータホールだった。ホールには複数の大きめのエレベータが並んでいる。)

ほら、こっち
こっち。

わかったから
引っ張るなよ。

(2コマ目 ホールに先に到着していたトムがエレベータの呼び出しボタンに向かって体を伸ばしている。)

早くボタン
押してくれ。

(3コマ目 エレベータの内側。階数表示は上昇を示し、14、15と数字を刻んでいる。)

(4コマ目 明るく広いT字の廊下。沢山のドアが並び、床はカーペットになっている。)

(5コマ目 一つのドアが開けられている。)

(6コマ目 部屋の中。窓から景色を眺めるタスクの後ろ姿。その窓はテルが寝泊まりしている部屋のものよりは小さく、窓の周囲には壁が存在する。)

ほほー、こりゃ
いい眺めだ。

38ページ目

(1コマ目 ドアの外に一歩出て笑顔で手を振るテル。)

部屋は沢山余って
るから、どこでも
好きに使って。

何か要る物が
あったら
言ってね。

(2コマ目 部屋の中のロングショット。部屋の中央にあるローテーブルは正方形で、トップは白いが真ん中は空洞になっている。テーブルの周囲四方には同じ形の黒いソファが並んでいる。ソファは人一人が寝そべれそうな大きさだ。部屋の隅にはドアが、その反対側の壁にははめ殺しの窓が存在する。ドアがバタンと閉められる様子を、部屋に一人残されたタスクが見つめている。)

変な奴……

(3コマ目 場面は変わって夜。街の夜景のロングショット。空は真っ暗で、相変わらず冷たそうな雨が降っているが、多くのビルは明かりが点いており、街は明るく見える。)

(4コマ目 街の通り。沢山並んだ街灯が人も車もない道路を照らしているが、暗くなっている街灯が一本だけある。)

(5コマ目 調子の悪い街灯のアップ。ライトがジージー音を立てながら暗く点滅している。)

39ページ目

(1コマ目 先の戦闘で破壊されたロボット警官たち。夜の雨に打たれながらも、それらは変わらずそこに横たわっている。)

(2コマ目 突然、大きな手がロボット警官の亡骸の一つを掴む。それは指が二本しかない簡素なロボットアームで、腕にはシマシマ模様が付いている。)

(3コマ目 道路のロングショット。地面に散らばった死骸に群がるそれらはゴミ回収車のような形状だが、車体の下には大きなブラシがつき、人間が乗る運転席は存在せず、小さな窓には複数のランプがビカビカと光り、頭には大きな収納口と長い機械の二本の腕が付いている。二台のロードスイーパーロボットが、手分けしてロボット警官のスクラップを回収している。)

(4コマ目 ロードスイーパーの頭の収納口にヒョイと放り込まれる警官。)

(5コマ目 別の道路。4本足の小さなピザボックス型のロボットが、車道のふちをトコトコと歩いている。)

40ページ目

(1コマ目 一本の電柱の前で立ち止まると、カタっと音を立ててピザボックスの頭上が分離する。その背後で、作業を終えた二台のロードスイーパーが走り去っていく。)

(2コマ目 ピザボックスの分離した頭部は口から飛び出たアームで電柱を掴みつつ、首を長く伸ばして上昇していく。その電柱とは例の調子の悪い街灯だった。)

(3コマ目 街灯のランプ部分のアップ。ピザボックスから細い多関節の腕が三本伸び、ランプの蓋をあけ、棒状の蛍光灯のような部品を引き抜き、代わりに取り出した別の同じ部品を取り付けようとしている。)

(4コマ目 ピザボックスの頭部が下降を始めると、街灯がパッと明るく点灯し、他の街灯と同じようになった。)

41ページ目

(1コマ目 夜明け前の街。空が微かに明るみ始め、薄暗い街路では街灯が規則正しく並んでいる。)

(2コマ目 日中。街を歩くタスク、テル、そしてトム。)

ま、待ってー!
歩くの早いよ!

(3コマ目 無表情に飼い主の後を歩くトム。不安な表情で傘を差し、昨日と同じようにリュックを背負って旅人に続くテル。余裕の表情で先頭を歩くタスクは傘も差していない。)

僕のうちで待ってて
くれても良かった
のに……

食料集めに
行くんだろ?

一緒に運んだ方が
早く済む。

(4コマ目 雨雲と立ち並ぶ建物。)

だ、大丈夫かな、
こんな開けた道を
堂々と歩いて……

公道を歩くのに
誰に遠慮する必要が
あるんだ。

(5コマ目 スーパーマーケットの看板のアップ。)

42ページ目

(1コマ目 スーパーの入り口に集まった二人と一匹。タスクは入り口のガラス扉を調べている。)

やっぱ閉まってるな。
扉を壊さねぇと。

(2コマ目 あたりを見渡すテル。その背後で後ずさるタスク。)

少し待ってて、
僕が何か重そうな
物を探し……

(3コマ目 扉に向かって思いっきり蹴りを入れるタスク。突然の行動に驚いたテルとトムは目を丸くする。)

(4コマ目 放射状に太いヒビが何本か入り、扉が開く。悠然と中に入っていくタスクを見つめるテル。)

び、びっくり
した……

開いたぞ。

43ページ目

(1コマ目 昼間。どこかのビル街。)

(2コマ目 歩道を歩く二人と一匹。タスクは左手にダンボール箱を担いでいる。テルとトムはタスクの顔を見ている。)

(3コマ目 一軒の店に目を留めるタスク。それはチェーンの喫茶店だった。)

(4コマ目 通り過ぎるテルとトムの背後で、ドア越しに店内を見るタスク。喫茶店は二十数席程度の広さで、照明の落とされた店内は当然のごとく人影はなく、ガランとしている。)

(5コマ目 喫茶店の扉に近づいていくタスクと、呼び止められて振り返るテルたち。)

ちょっとこの店で
一休みしようぜ。

え?

44ページ目

(1コマ目 ティーカップのアップ。カップにはポットから鮮やかなオレンジ色の液体が注がれ、湯気が立ち上る。)

(2コマ目 喫茶店内の席に着いたテルの前に、液体の入ったティーカップを置くタスク。テーブルの上にはもう一組のティーカップと、角砂糖入りのガラス瓶、そして何本かのクリーマーの袋がある。トムはキョトンとした顔でそれを眺め、テルの顔はとても緊張している。)

(3コマ目 恍惚とした表情でカップの中を覗き込むテル。)

なにこれ、
良い香り……

これは
紅茶。

(4コマ目 テルの後ろ姿と、その対面に座り、満足げな表情で手に持ったカップの香りを確かめるタスク。)

こう…
ちゃ?

ああ、保存状態の
良い茶葉が残ってて
助かった。

(5コマ目 トムがテルのカップに顔を近づけ、くんくんと香りを嗅ぐ。)

(6コマ目 その直後、顔をしかめて遠ざかるトム。)

ふぐっ!

45ページ目

(1コマ目 トムの眼前で慎重にカップを持ち上げるテルと、その様子を不思議な顔で見つめるタスク。)

テル、遠慮
した方が……

いや、でも
折角だし……

あん?

(2コマ目 険しい顔で紅茶を一口啜るテル。)

(3コマ目 一転して笑顔になるテル。)

(4コマ目 笑顔で紅茶を飲み始めるテルと、それを見て同じ笑うタスク。)

おいしい。

それは
良かった。

(5コマ目 トムにカップを近づけるテルと、それに口を挟むタスク。)

ほら、おいしいよ。
トムも一口
飲んでみなよ

えー、やだよ!
そんな得体の
知れない……

あー、猫には
やらない方がいい
んじゃねぇかな。

これカフェイン
入りだし。

46ページ目

(1コマ目 ティーポットのアップ。)

……いや、俺はこの街の出身
じゃないぜ。ここよりずっと
北の地方から来たんだ。

(2コマ目 テルはじっとタスクの顔を見ている。)

タスクのいた所には
まだ人がいるの?

(3コマ目 そのタスクは頬杖をつき、目を瞑っている。)

居たのなら、
旅には出なかった
かもしれないな。

(4コマ目 タスクの後ろ姿とテルの顔。タスクは窓の外に視線を投げ、テルはタスクの顔を見たまま、浮かない表情を浮かべる。)

地元以外の事は
正確にはわから
ないが……

もう、ここより北に
人間は一人も残って
ないんじゃないか。

(5コマ目 視線を交わすトムとタスク。)

やっぱテル
みたいな人間は
珍しいんだな。

みたい
だね。

(6コマ目 皮肉っぽい表情でトムの背中を撫でながら、トムに話し掛けるテル。タスクはその様子に気付き、怪訝な顔をする。)

どうする〜?
僕まで街から
居なくなったら。

ん…?

別にどうも。
野良に戻る
だけだよ。

47ページ目

(1コマ目 会話を続けるテルとトム。タスクはテルのその様子に、完全にドン引いている。)

またまたぁ、
お前に野良猫が
つとまんの?

……。

バカにするなよ、
僕だって昔は……

(2コマ目 タスクの様子に気付き、振り返るテル。)

……あれ、
どうかしたの?

え、い、いや、
別に何も……

(3コマ目 タスクの返答を訝しむテル。)

?……

その反応、
まるで大人たち
みたい……

(4コマ目 テーブル全体のロングショット。テルを見つめるトム。テルはタスクに話し掛けるが、タスクは両手を膝の上に置いている。)

もしかして、
君も猫の言葉が
わからないの?

猫の……
言葉…?

(5コマ目 赤くなった頰を軽く引っ掻き、猫の方に視線を落とすテル。)

そ、そうか……
タスクには聞こえて
なかったんだ……

僕、てっきり
……

48ページ目

(1コマ目 再びテーブル全体のロングショット。トムは椅子の上に寝転がり、テルはそれを見ている。タスクはテルの様子を伺いつつ、両手で椅子の縁を触っている。)

子供ならみんな
猫の言葉がわかるって
わけじゃないのかな?

この街には
お前以外にも
居たのか?

動物とお話し
出来る子供が。

(2コマ目 怒った顔でタスクを見るテルと、興味がなさそうに片手を降るタスク。)

あっ、僕のこと
疑ってるでしょ!

猫たちは本当に
しゃべってるんだよ!
君には聞こえないかも
しれないけど!

わかった、
わかった。

(3コマ目 椅子の上で身体を丸めるトムが、ほくそ笑んでテルを見上げる。)

ククク。
信用されてない
みたいだなぁ。

(4コマ目 突然笑顔でトムに掴みかかるテル。)

そうだ!

(5コマ目 立ち上がり、不機嫌そうなトムを抱き上げてタスクに話し掛けるテル。)

僕たちがちゃんと
会話出来ているって事を、
今から証明して見せるよ。

証明…?

49ページ目

(1コマ目 跪く姿勢で猫を床に置く少年。)

(2コマ目 ガッツポーズで猫に命令するテル。タスクは椅子に座ったまま彼らを観察している。)

トム、その場で
三回まわってニャン!
って言うんだ。

はぁ?

(3コマ目 不満そうな顔でテルを見上げるトム。)

僕はれっきとした猫だぞ。
そんな犬みたいな真似が
出来るか。

(4コマ目 そのままプイと顔を背け、スタスタと歩き出すトム。)

(5コマ目 慌ててトムに追いすがるテルだが、トムは歩みを止めない。彼らの様子に旅人は思わず笑顔になる。)

ちょ、ちょっと〜!
こういう時に協力して
くれないと困るよ〜。

(6コマ目 見上げる狭い階段。その先にあるドアは開け放たれ、外光を取り込んでいる。)

50ページ目

(1コマ目 6階建てのビルを見下ろすショット。一階が先ほどの喫茶店で、屋上にはタスクと傘を差したテルがいる。屋上に出るための扉の内側にはトムの姿も見える。)

(2コマ目 片手で剣を抜き、講釈を始めるタスクとそれを背後から見つめるテル。)

これはな、
“日本刀”というんだ。

にほん…とう?

200年以上前に
使われなくなった
古い鉄の剣さ。

(3コマ目 両手で日本刀を握り直すタスクと、その脇に移動するテル。二人の遥か下の方には道路が見える。)

この一本は俺の家に
昔からあったやつでな。

いっぽん?

(4コマ目 画面は歩道を歩く10人ほどのロボット警官隊を映し出すが、タスクたちの話は続く。)

それで、その
武器には何か秘密の
機能が?

は?
そんなんじゃ
ねぇよ。

ただ、警官どもには
こんな年代物の武器への対処法は
記録されてないって事さ。

51ページ目

(1コマ目 ロボット警官のバストアップ。)

(2コマ目 笑顔で説明を続けるタスクとそれを聞くテル。タスクは自分の首に左手を当てる。)

奴らは所詮機械だからな。
未知の武器が相手だと途端に
ぎこちない動きになるんだ。

その隙に外装が弱い部分を
切ればショートして壊れる。
狙いやすいのは首だな。

なるほど
なぁ。

(3コマ目 屋上から地上を見下ろすテルは、歩道を歩いているロボット警官に気付く。警官たちはもうすぐ喫茶店の前を通過しそうだ。)

あ……ウワサを
すれば。

(4コマ目 屋上の壁に隠れるように身を寄せ合う二人の少年。タスクが悪どい笑顔を浮かべると、それを見たテルは不安になる。)

よし、テル。奴らを
少し間引いてやるか。

え、何するの?

(5コマ目 屋上の脇にあった大きなプランターと、二つの鉢植え。いずれも土が入っているが、植物は生えていない。)

52ページ目

(1コマ目 ビルの上からの落下物。)

(2コマ目 7階分の高さを落ちてきた植木鉢が、ロボット警官の一体の頭に激突する。)

(3コマ目 植木鉢を食らったのは最後尾にいた警官だった。警官は地面に倒れ、煙を噴いている。そのほかの警官たちは驚き、一斉に振り向く。)

(4コマ目 バラバラに散らばり、身構える警官たち。)

警戒態勢!
警戒態勢!

不明な武器の
使用を検出!

(5コマ目 地上の騒乱を屋上から伺う少年二人。)

現在攻撃を
受けています!

(6コマ目 屋上の壁の影に屈んで隠れる二人。不安そうなテルをよそに、タスクは笑っている。)

あっはっはっは!
どうだ、命中したぞ。

53ページ目

(1コマ目 大笑いを続けるタスクにつられ、思わず笑顔になるテル。)

(2コマ目 夕方。暗くなりつつあるビル街。)

……なぁ、テル。
お前も自分の刀を
持ったらどうだ?

(3コマ目 再びダンボール箱を担いで歩いているタスクと、猫を抱いて歩くテル。)

自分のって?

丸腰じゃ何かと不便だろ?
探せば同じようなのが
見つかると思うぞ。

いくらこの街でも
博物館の一つぐらいは
残ってるだろうし。

(4コマ目 左手で佩いた刀を鞘ごとベルトから引き抜くタスク。)

そうだ、
俺のを試しに
触ってみるか?

(5コマ目 そのまま刀をテルの眼前に差し出す。テルは意外そうな、でも好奇心に満ちた顔をする。)

54ページ目

(1コマ目 差し出された刀に手を伸ばそうとするテル。)

………。

(2コマ目 手を引っ込めるテルと、それを見つめるタスク。テルの表情は傘に隠れている。)

い、いや、遠慮するよ。
僕には使いこなせそう
にないし……。

ふ〜ん。
ま、無理にとは
言わねぇけど。

(3コマ目 刀を腰のホルダーにしまい直すタスク。)

(4コマ目 再び歩き出す二人。)

あ、でも銃を持つのは
ダメだぞ。もし連中の
前で銃を出したら……

う、うん。
そうだね。

(5コマ目 夜。テルの住処であるビルの窓からは光が発せられている。)

(6コマ目 タスクが案内されたドアの前。少し隙間が開けられたドアからは柔らかい光が漏れている。)

55ページ目

(1コマ目 部屋の中。二人は大きいソファに隣り合って座っている。二人の目の前の机には教科書やノートが雑然と並べられており、テルの手にも一冊の教科書がある。)

お前本当に漢字が
苦手なんだな。

もっと勉強しないと
ダメだぞ。

……それ、よく
言われるよ……

(2コマ目 怪訝な顔でテルを見つめるタスク。テルは不機嫌そうに教科書に目線を落としている。)

あ?

別によくない?
大抵の本には漢字の上に
ひらがな書いてあるし。

(3コマ目 得意げな表情で説明するタスク。)

バカだなぁ。
そりゃ子供用の
本だからだよ。

大人用の本には
読み仮名なんて
無いんだぞ。

(4コマ目 教科書から手を離し、ソファに横たわるテル。)

大人用の本なんて
一生読まないし。

やれやれ、
しゃーねぇな。

56ページ目

(1コマ目 ソファに寝転がったまま目を閉じているテルと、ソファの後方に歩いていくタスク。)

(2コマ目 タスクの呼び声に起き上がって後ろを見るテル。)

おい、テル。

なぁに?

(3コマ目 突然、投げ付けられた枕がテルの顔に直撃する。)

(4コマ目 やや乱れた髪でタスクの方を見るテル。タスクの両手には、更に二つの枕がある。)

勉強なんてやめやめ。
決闘だ!

57ページ目

(1コマ目 楽しそうな表情で、枕を持ち、投げる素振りを見せるテル。)

やったな!

(2コマ目 半開きのドアから室内に入ってくるトム。)

おーい、
もう寝ようぜ。

(3コマ目 トムのすぐ脇に枕が飛んでくる。驚いて飛び上がる白猫。)

(4コマ目 室内のロングショット。枕を持って走り回る笑顔のテルとタスク。それを見つめるトム。)

………。

おらあああ‼︎

あははは!

(5コマ目 走るタスクと、それを追いかけるテル。二人の表情は無邪気で明るい。)

58ページ目

(1コマ目 部屋から出て行こうとするトムと、それには胃を介さず部屋の中を走り回るタスク。)

はぁ〜……
人間ってのは
元気だねぇ。

僕は先に
部屋に戻って
るからな。

(2コマ目 満面の笑みの人間二人。タスクは二つ持った枕のうち一つを放り投げ、テルはそれを屈んで避ける。)

(3コマ目 タスクはテルを見失った様だ。枕を手に、キョロキョロと周囲を見渡す。)

隠れても無駄だぞ、
出てこい!

(4コマ目 テルが突然背後のソファから飛び出し、両手に持った枕を振りかぶると、枕はタスクの顔面に炸裂する。)

隙あり!

59ページ目

(1コマ目 ソファに倒れたタスクと、その上に枕と一緒に雪崩れ込むテル。二人とも笑っている。)

(2コマ目 微かな明かりを残し、暗くなった部屋。窓の外では雨が降り続く。)

60ページ目

(1コマ目 暗い部屋。共にソファの上で横たわる二人。仰向けになったタスクの胸には枕があり、その枕の上にはテルの頭がある。周囲の床にも余計な枕が落ちている。)

(2コマ目 タスクとテルのアップ。二人は眠そうに虚ろな目で遠くを見つめている。)

ちょっと
疲れたな。

そうだね。

(3コマ目 そっと目を閉じるテルの顔のアップ。)

……疲れたら
眠くなってきた。

(4コマ目 絵の無いコマ)

このままここで
寝ていい?

このままはちょっと
重いんだが……

61ページ目

(1コマ目 頭を持ち上げてテルの頭を見るタスク。)

おい本当に寝るな。
寝るならちゃんと
毛布をかぶれ。

(2コマ目 テルの頭のアップと、それに手を近づけるタスク。)

……ったく。

(3コマ目 しかしテルに触れることはなく、目を細め、手を握って離すタスク。)

(4コマ目 力を抜き、頭を倒すタスク。)

(5コマ目 部屋の中のロングショット。照明はいつのまにか完全に落とされ、二人は同じポーズのまま眠っている。)

62ページ目

(1コマ目 朝。ビル街のロングショット。)

(2コマ目 テルの事実上の玄関となっている裏路地の扉。いつものようにリュックを背負い、傘をさしたテルは扉を背後に、飼い猫と二匹の野良猫と一緒に何か話している。)

(3コマ目 タスクが扉の中から大きなあくびをしながら現れる。それを振り返るテルの笑顔は爽やかだ。)

(4コマ目 どこかの通り。大きな雑貨店の入り口に向かって歩いている二人と一匹。)

(5コマ目 雑貨店の店内。タスクは商品棚の前で屈みこんで何かを取ろうとしている。トムはタスクの様子を観察している。テルは興味深そうに、棚の高い所にある商品を見ている。)

63ページ目

(1コマ目 テル、タスク、トムの三人。どこかの物陰で、二人は小さな段差に腰掛けながら食事を行なっている。トムはテルの足元で、椀に入れられた何かを食べている。二人の荷物はそれぞれの脇に置かれたままになっている。二人は和やかな顔で何か談笑している。)

(2コマ目 頭上の風景。高架になった高速道路のようなものが二本クロスし、暗い影を落としている。高架の下には色んな形のビルが並んでいるのが見える。)

(3コマ目 再びどこかのビル街を歩いている一行。)

(4コマ目 歩き続ける二人と一匹。テルは笑顔をタスクに向けており、タスクはどこか前方を見ながら、何かを指差して喋っている。)

(5コマ目 一本の街灯のアップ。昼間の街灯には灯りは灯っていない。)

64ページ目

(1コマ目 テルの住処のビル。)

(2コマ目 テルの部屋の中。部屋に置かれたロングテーブルに、どこからか持ち込まれたパイプ椅子が二つ。向かい合って椅子に座った二人と、テーブルの上で箱座りをするトム。大きな窓を背後に、テルは難しい顔をしている。)

意味がわかんない。
もう覚えられないよ。

いいから
見てろって。

(3コマ目 タスクの手元のアップ。タスクはテーブルの上で紙を折り曲げている。)

……それで
ここをこう
やって……

(4コマ目 タスクの手元を見つめるテルのアップ。)

……最後に
軽く引っ張る
と……

(5コマ目 テルの目が見開かれ、その表情は驚嘆に変わる。)

(6コマ目 タスクが両手を持ち上げてみせると、その手の中には折り紙で作った鶴があった。)

ジャーン。
ツルの出来上がり。

65ページ目

(1コマ目 目を丸くし、手を伸ばすテルの顔のアップ。)

⁉︎

えっ?
何これ⁉︎

(2コマ目 鶴の折り紙を手渡すタスクと、それを恐る恐る受け取るテルの手元のアップ。)

と、鳥の形に
なってる……

……やっぱり
見るのは初めてか。

(3コマ目 ロングテーブルを上から見下ろしたショット。テルはまじまじと手の中の鳥を観察し、トムも興味があるように顔を近づける。タスクは頬杖をついてテルたちの様子を眺めている。机の上には未使用の折り紙が何枚か散らばっている。)

信じられない……
紙を折ったり伸ばしたり
しただけでこんな……

お前、折り紙知ら
ないで今までよく
生きてこられたな。

(4コマ目 うっとりと鶴を見つめるテルの顔のアップ。)

すごいなぁ。
タスクは博識
なんだなぁ。

(5コマ目 絵の無いコマ)

ねっ、もう一回。
もう一回教えて。

ああ、構わんよ。

(6コマ目 椅子に座ったまま折り紙を折るテルと、その横に立って教えるタスク。トムは興味を失ったのか、テーブルの上で丸くなって眠っている。)

66ページ目

(1コマ目 教え教わりながら見つめ合う二人の顔のアップ。)

(2コマ目 顔を赤らめて視線を外す二人。テルの手元の鶴は徐々に出来上がっていく。)

(3コマ目 テーブルの中央に仲良く並んだ二つの鶴。その周りには兜や紙飛行機、パクパク鳥などの折り紙もある。)

ところで、ツルって
どんな鳥なの?

……そこまでは
俺も知らん。

67ページ目

(1コマ目 回想シーン。画面は以前よりもさらに不鮮明になっている。真っ暗で何も見えない。)

………の事が……
だったのでしょう?

(2コマ目 長い黒髪を束ねた女の肩。顔は見えない。)

……になるのは
   だけよ。
わかったかしら?

(3コマ目 真っ暗闇の中で、布のようなものがはためいている。)

奇麗でしょう。
これも、あれも……
あなたにあげるわね。

(4コマ目 暗い。画面は更に不鮮明になる。)

(5コマ目 画面はにわかに明るくなる。雨の降る空。)

ついに

68ページ目

(1コマ目 どこかのロングショット。広い地面に停まっている十数メートルはあるであろう巨大な乗り物。ほとんどは影になっていて見えないが、その乗り物は直線が多く様々なパーツが組み合わさったような無骨な形状をしている。乗り物の入り口らしき部分から降りたタラップから、列をなした人々が乗り込んでいる。人々の周囲にはそれを見張る長身の人影も見える。)

わしらも南方行きか。
長かったような
短かったような……。

第一区住民の方は
指定の避難ステーションに
移動して下さい。

(2コマ目 逆光で不鮮明な画面。)

   !   !
どこに行ったの!
隠れてないで出ておいで!

この地域は危険区域に指定
されました。住民の皆様には
避難命令が発せられています。

(3コマ目 明るい画面。)

離して!
まだ   がどこかに……

(4コマ目 真っ白な画面。)

69ページ目

(1コマ目 再び現在。夜の空模様。黒い雨雲に微かな切れ目が生じる。)

(2コマ目 街の上空。徐々に雲の切れ目が広がり、本来の夜空が見える。)

(3コマ目 さらに雲の切れ目が大きくなり、雨粒の数が見る見る減っていく。)

(4コマ目 ビルのベランダのロングショット。雨音は消え、ベランダの床には静かな水たまりが点在する。建物の中からタスクとテルが現れ、外の様子を伺っている。)

連載途中のコミック (69 / 144ページ完成)

これまでの進行度から算出したこのコミックの完成予想日 3月28日ごろ 連載開始日: 5月31日   最終更新日: 10月22日   完成率: 47.9%

Estimated completion date of comic calculated from the current degree of progress Around 28th March Production started: 31st May   Last updated: 22nd October   Progress: 47.9%