TORTERECETTE

猫分儀スミレの開発日記 跡地

HTMLタグの英語の意味

すっごい古い記事です ご注意下さい

HTMLを書いていると出くわす、意味のわからない略語の数々。
元の意味が分かればきっと覚えやすくなる!

というわけで、ウェブ関連言語の英単語、略語の意味を一覧にしてみました。

※要素そのものの役割・意味ではなく、元の英語の意味を主に記述しています。このリストを参考に文書をマークアップしないで下さい。
※全ての要素を網羅はしていません。
※万が一、間違いがあってもしりません。




<a href="">
aanchor(アンカー)
アンカーは船の(いかり)のこと。
WYSIWYGエディタなどでは鎖の絵がアイコンになってる事が多いですね。
昔はリンクの終点に<a name="">みたいなのを置いて、ページ内の特定部分にリンクを張ったりしたので、まさしく「アンカー」だったけど、今は大抵のリンクは投げっぱなしですね。

hrefhyperlink reference(ハイパーリンク・リファレンス)
リファレンスは「参照」のこと。リンクは参照の行為である。


<img src="" alt="" />
imgimage(イメージ)
画像のことですね。

srcsource(ソース)
ソースは調味料じゃなくて「出典」「(みなもと)」の方。
画像の埋め込みは参照の行為ではない。

altalternate(オルターネート)
オルターネートは「代替の」という意味。
オルターネート・テキスト(代替テキスト)を入れますね。


<br />
brbreak(ブレーク)
ブレークは「ぶっ壊す」「中断」「小休止」「途切れる」という意味。
英語で「改行」のことを「line break」と言う。


<p>
pparagraph(パラグラフ)
パラグラフは段落のこと。


<div>
divdivision(ディビジョン)
ディビジョンは区切りのこと。
会社の部とか課とかを何とかディビジョンと言ったりしますね。


<span>
span(スパン)
スパンは「範囲」のこと。


<head> <body>
head(ヘッド)
ヘッドは頭のこと。
ドキュメント・ヘッド(文頭)と昔の仕様書には書かれている。
ほとんどの内容は人間には見えないけどね!

body(ボディ)
ボディは身体のこと。


<link rel=""> <link rev="">
link(リンク)
カタカナ語として定着してしまった「リンク」ですが、
「つながり」「絆」という意味ですね。

relrelationship(リレーションシップ)
関係性のこと。

revreverse(リバース)
リバースは「逆」のこと。リバース・リンク。


<iframe>
iframeinline frame(インライン・フレーム)
フレームは枠、額縁のこと。インラインは一列の、列に並んだ、というようなこと。
、ウェブブラウザのウインドウ全体を区切り、表示領域を分ける「フレーム」という機能があった。それに対し、ページに内包される表示領域はインラインフレームと呼ばれた。


<embed />
embed(エンベッド)
エンベッドは埋め込むこと。
余談だが、embedはembの過去形ではない。


<section> <header> <nav> <article> <aside> <footer>
section(セクション)
セクションは文章の節のこと。
header(ヘッダー)
ヘッダーはこの場合、文書の先頭にごちゃごちゃ書く部分ですかね。
navnavigation(ナビゲーション)
ナビゲーションは「案内」のこと。
article(アーティクル)
アーティクルは「記事」のこと。
aside(アサイド)
アサイドは「余談」のこと。
footer(フッター)
ヘッダーの反対。


<h1><h6>
hheading(ヘッディング)
ヘッディングは表題、見出しのこと。


<ol> <ul> <li>
olordered list(オーダード・リスト)
オーダー(順位付け)されたリストのこと。
番号付きリスト。

ulunordered list(アンオーダード・リスト)
アンオーダード、つまりオーダー(順位付け)されてないリストのこと。
番号付いてないリスト。

lilist item(リスト・アイテム)
リストのアイテム(項目)ってことですね。


<dl> <dt> <dd>
dldefinition list(デフェニション・リスト)
デフェニションは「定義」という意味。
定義リスト。

dtdefinition term(デフェニション・ターム)
タームは「語」というか「用語」というか「言葉」という意味ですかね。
定義する語がこの中に入りますね。

dddefinition description(デフェニション・デスクリプション)
デスクリプションは「説明」。
定義する語に対応する説明文を中に入れますね。
昔はインデントをするためだけにこれらの "タグ" を使う人がいました。


<form action="" method="">
form(フォーム)
フォームは、記入用紙のこと。お役所に提出する書類を何とかフォームと言ったりします。

action(アクション)
行動、行為、作用のこと。

method(メソッド)
方式のこと。
GETとPOSTは、HTTP通信の方式を指定しています。


<input type="radio" name="" value="" />
radio(ラジオ)
ラジオボタンのこと。
昔のカー・ラジオで、一つのボタンを押すと他のボタンが元に戻る仕組みがあり、それが由来となりました。

name(ネーム)
名前のことです。

value(バリュー)
(あたい)という意味です。


<input type="submit" />
submit(サブミット)
提出という意味です。


<canvas>
canvas(キャンバス)
キャンバスは帆布(はんぷ)のことです。
船の帆に使うための丈夫な布で、枠に貼って絵を描くのにも使われました。
余談ですが、著者はキャンス・ノートを絵を描くのに使っていたことがあります。
無論、キャンバスとキャンパスは全く別の英単語です。


<table> <tr> <th> <td>
table(テーブル)
食卓…ではなく、表のことです。
昔のイギリス英語で、スケジュールのことを「タイムテーブル」といいました。

trtable row(テーブル・ロー)
ローは「行」のことです。行列の行、つまり横方向の並びのことです。

thtable header(テーブル・ヘッダ)
tdtable data(テーブル・データ)
ヘッダとデータ。見出しと情報ですね。


<td rowspan="" colspan="">
rowspanrow span(ロー・スパン)
スパンは「またがる」。
スパンする(ロー)の数を数字で入力するわけですね。

colspancolumn span(コラム・スパン)
コラムは「列」。行列の列、つまり縦方向の並びのことです。
スパンする(コラム)の数を数字で入力するわけですね。


<ins> <del>
insinserted(インサーテッド)
deldeleted(デリーテッド)
インサーテッド(追加された)部分と、デリーテッド(削除された)部分。


<em> <strong> <small> <s> <cite> <q> <dfn> <abbr> <time> <code> <var> <samp> <kbd> <sub> <sup> <i> <b> <u> <mark>
ememphasis(エンファシズ)
強調。
strong(ストロング)
強い。
small(スモール)
小さい。
sstrikethrough(ストライクスルー)
取り消し線。
cite(サイト)
引用、言及、引き合いに出すこと。作品名などが入る。
qquote(クオート)
引用。citeと違って、こっちは引用文そのものが入る。
dfndefine(デファイン)
定義。
abbrabbreviation(アブレビエーション)
略語。
time(タイム)
時刻。
code(コード)
プログラムのコード。
varvariable(バリアブル)
プログラムの変数。
sampsample(サンプル)
プログラムの出力サンプル。
kbdkeyboard(キーボード)
パソコンのキーボード。
subsubscript(サブスクリプト)
下付き文字。
supsuperscript(スーパースクリプト)
上付き文字。
iitalic(イタリック)
古フランス語?で「イタリアの」という意味。イタリアで発明された斜字体のこと。
bbold(ボールド)
勇ましい。ずうずうしい。太字体のこと。
uunderline(アンダーライン)
下線。
mark(マーク)
マーキング。ハイライト。


<ruby> <rt> <rp>
ruby(ルビー)
ルビ、フリガナのことです。
昔のイギリスの印刷用語です。活字サイズにそれぞれ名前がついていて、5.5ポイントの活字をルビーと呼んでいました。これが日本に輸入された時にフリガナに使われ、フリガナという意味で広まりました。
ダイアモンド(4.5pt)、パール(5pt)、エメラルド(6.5pt)など、宝石の名前が付いた活字サイズはいくつかあります。

rtruby text(ルビー・テキスト)
ルビそのものですね。

rpruby parentheses(ルビー・パレンテシーズ)
パレンテシーズは丸括弧のこと。身も蓋もねぇな。


<bdi dir="ltr"> <bdo dir="rtl">
bdibidirectional isolated(バイディレクショナル・アイソレーテッド)
バイディレクショナルは双方向。
アイソレーテッドは独立した。
bdobidirectional override(バイディレクショナル・オーバーライド)
オーバーライドは覆す。上書き。
dirdirection(ディレクション)
ltrleft to right(レフト・トゥ・ライト)
rtlright to left(ライト・トゥ・レフト)
ディレクションは方向。


&lt; → <
ltless than(レス・ザン)
「より小」記号、いわゆる「小なり」のこと。
「A < B」は、「A is less than B(AはBより小さい)」

&gt; → >
gtgreater than(グレーター・ザン)
「より大」記号、いわゆる「大なり」のこと。
「A > B」は、「A is greater than B(AはBより大きい)」

&copy; → ©
copycopyright(コピーライト)
直訳すると複製権。著作権のこと。
最初にコピーライトを著作権って訳した人は凄いね!
著作権表示に使われるマーク。

&reg; → ®
regregistered(レジスタード)
レジスタードは「登録された」。
レジスタード・トレードマーク(登録商標)に使われる。
迂闊に使用すると罪になるかもしれないマーク。

&nbsp;
nbspnon-breaking space(ノンブレーキング・スペース)
自動改行を防止する特別なスペース。
実際には改行とか関係なく、「連続して書いても帳消しにならない便利なスペース」という意味で使われることがほとんどですね。

&amp; → &
ampampersand(アンパーサンド)
語源はラテン語か何か。英語でいうところのand記号。

&quot; → "
quotquotation(クオーテーション)
クオーテーション・マーク。引用符。


vertical-align:baseline
vertical(バーティカル)
垂直。

align(アライン)
整列。

baseline(ベースライン)
基線。


margin: border: padding:
margin(マージン)
余白。

border(ボーダー)
境界線。

padding(パディング)
埋草、水増し、詰め物。


border-radius:
radius(レディアス)
半径。角丸の半径のことを「アール」って言う人がたまにいる。


width:64px
width(ウィッズ)
幅。日本ではこの単語の読み方を巡って派閥が出来ているらしい。

pxpixel(ピクセル)
これからの時代、解説が難しい単位になっていくでしょう。

height:3em
height(ハイト)
高さ。

em(エム)
emという印刷業界の単位。原義はアルファベットの「M」です。かつて「M」の字は正方形という決まりがあり、「M」の字の横幅を測っていた名残りでこのような単位があります。