猫分儀スミレの変なアプリとゲーム

Neko Can Dream

ボタンを押すとストア画面で詳細を確認できます Press a button to see details in the store

“私は誰かの声を聞いた。聞き覚えのあるような、知らないような声だった。目を覚ました私は空腹のまま食べ物を探しに街を歩いた。”

見知らぬ街の裏路地で目覚めた空腹の主人公。たまたま拾った猫缶を食べようとするが、それを開ける方法がなかった。缶切りを借りるために入ったヤキトリバーのマスターによれば、それは本物の猫缶ではなく、『夢の猫缶』というアイテムらしい。マスターは本物の猫缶を提供する代わりに、主人公に街の人々の夢を巡って『夢の猫缶』をもっと作り出すことを要求する……

8ビットの世界に広がる、夢を集めるアドベンチャー “Neko Can Dream (猫缶ドリーム)”。80年代当時の技術水準で開発された、8ビット“風”ではない本物のレトロゲーム。懐かしのドット絵で展開される全3ステージの物語を体験しよう。