全8章 R-12 2011-2016 完結済

アリス・シャーロック:ルビー色の星雲

第3章 烏木の如く黒き髪

1ページ目

​CHAPITRE III

​“CHEVEUX NOIRS COMME L’ÉBÈNE”

​ジョニーと共に関係者への
聞き込みを行うが、有力な
証言は得られず。

​鑑識も調査を進めるが、
いまだ成果は無し。

2ページ目

​捜査に何の進展も無いまま
時間だけが過ぎ去っていった。

​やはり「オーブ」は
既に国外に持ち出されて
しまったのでは……

​いや私はね、犯人は
まだロンドンに潜伏し
てる可能性が……

​グレープジュース、
買ってこなきゃ。

3ページ目

​出掛けるついでに
病院に行こう。

​マリーの様子も
気になるし……

4ページ目

​あ、あの男は……
あの時の……!

​まさか、もう
嗅ぎつけられた?

​まずい……
このままじゃ……

​このままじゃ
マリーが危ない!

5ページ目

​どうしよう……
今すぐ何とかしないと……

​だけど、下手をして
あいつに見つかったら
私が殺されるかも……

​でも、あいつを
マリーの部屋に行か
せるわけには……

​しかし………
いや……でも……

​君!

​そんな所で一体
何をしてるのかね!

6ページ目

​え、あ、あの……

​ちょっと警備室
まで来なさい!

​やばい……!

​こんな時に
連れて行かれる
わけには……

​でも、ここで
騒ぎを起こしたら
元も子もない……

​素直に従う
しか……

7ページ目

​落ち着け……
考えろ、考えるんだ!

​きっと何か
方法が……

​くくくく……

​あ……ま……
まさかあなた。

​くく……はははっ。
ああ、おかしい。

8ページ目

​全然気付かないんだ
もんなぁ。

9ページ目

​じゃじゃーん!

​マ……

​むむむー!
むむー!

​おっと、安心する
のはまだ早いぞ。

10ページ目

​そろそろ
気付かれる
頃だ。

​ちょ、ちょ……
危ない!

​さぁ、さっさと
出よう!

​マリー!
どこに行くのー!

11ページ目

12ページ目

​全く、何が
何だか……

​ここまで来れば
もう大丈夫だろう。

​でも、安心したよ。
あなたが無事で……

​それにしても、
なんであの病院が
バレたんだろう。

​ああ。恐らく
警察か病院の記録を
盗み見たんだろう。

​それで可能性のある
入院患者を片っ端から
当っていたと……

​まぁ、仕方が
ないさ。こういう
時代だからね。

​そうだ……
マリーは怪我人
なんだから……

​一刻も早くどこか
休める所へ連れて
行かないと……

13ページ目

​私を心配して
来てくれたんだね。

​ありがとう、
アリス。

​……マリー?

​やっと二人きりになれたね。
ここなら誰にも……

​い、一体何を……
こ、こんな場所で……

14ページ目

​お、アリスじゃねーか。
何やってんだ?

​ジョ…ジョ、
ジョニー!

​おい、アリス。
そいつは……

​あ、い、いやっ……
違うんだ。この人は、
その………

​アリス、
お知り合いかい?

​……はじめまして。
アリスの同僚の
ジェームズ警部です。

​友人のオラシア・
ベルモントです。

​どうも…………。

15ページ目

​アリス〜。
くくくく、お前………

​え、あ……
あの……

​なにオドオドしてんだ。
心配しなくても、
誰にも言わねぇよ。

​………………
…………えっ?

​いやぁ、まさか
お前にあんな若い……
うんうん。

​お前も、意外と
隅に置けねぇな。

​は………
は、ははは……

​そういう
あんたはここで
何してんの?

​そりゃお前………
例の…鳥探しだ。

​鳥はこういう公園に
たむろしてたりする
からな。虱潰しさ。

​ふーん……
頑張ってね。

16ページ目

​他人事みたいに……
協力して下さいよ、
巡査部長!

​え、あ、ああ!
そういう約束だったね。
ははは。

​ま、どのみち
もう日暮れだし、
今日はもう帰るぜ。

​じゃあな、
お二人さん。

​……………。

​……あの男、
諜報員だな。

​えっ?

​どうして君に
付きまとってるんだ?
いつから一緒にいる?

​………なるほど。
よりにもよって君が
事件の担当に……

17ページ目

​用心しろよ、アリス。
あのジェームズという
男……

​ただの間抜けを装ってるが、
ああいう男は何を考えてるか
分からないからね。

​う、うん。

​今晩現れたのは本当に
偶然なんだろうか?
まさか、私を監視して……

​……いや、それは
考えすぎか……。

​……………。

​……ほら、これを
羽織っていなさい。

18ページ目

​……ありがとう。

​ああ、いや……

​何にせよ、さっきは
助かったよ。機転を
利かせてくれて……

​びっくりしたよ。あんなに
スラスラ、口からでまかせの
自己紹介が出てくるなんて。

​はは。あんなのは
日常茶飯事だよ。

​名前や身分は
無闇矢鱈に明かさない……
それはあの男も同じさ。

​ジェームズというのも
恐らく偽名だろう。

​……………。

19ページ目

​どうしてあいつが
諜報員だって
分かったの?

​ふふ。相手をよく
観察すれば
分かる事だよ。

​贋作の絵画、紛い物の宝石、
身分を詐称する猫……
何だって同じさ。

​本物と偽物を見分けるための
しるしは必ずどこかにある。
それを見る目があるかどうかだね。

​ふん。
盗っ人ならではの
鑑識眼ってやつか。

​まぁ確かに、
紛い物を掴まされるようじゃ
泥棒は務まらないだろうね。

​おや。そういう能力は
泥棒ばかりじゃなくて
刑事にも必要だと思うが?

​刑事じゃないって
言ってんのに……

20ページ目

​アリス、
この場所は……

​あ、うん。

​私の家。

​とりあえず入って。
ちょっと散らかって
るけど……

​ああ、
ありがとう。

21ページ目

​本棚は漫画本や
アニメのDVDばかり……

​ああ、そうそう。
借りていたものを返すよ。

​私のカバンに全部
入ってる。

​え?
そ、そうなの。

​慌てて飛び出したはずなのに
ちゃんと持って来ていたのか。
手際の良い奴……

​…………。

22ページ目

​約束だからな。
ほら、返すよ。

​恩に着るよ、アリス。
これで取り引きは成立だ。

​はは……DVDと宝石じゃ
ちょっと不釣合いな取引
かもしれないけど。

​見てごらん、
この美しい輝きを。

​これぞ命を懸けた
甲斐があった
というものだ。

​そういや博物館で聞いたぞ。
あなたたち、恐竜の骨を全部
爆破したんだって。

​欲しいものはどんな手段を
使ってでも手に入れる。
それが我々のやり方さ。

​滅茶苦茶だよ。
たかが展示品
一つのために。

​知らないのか、
恐竜の骨って凄い
高価なんだぞ。

23ページ目

​あんなもの、ただの
石ころじゃないか。

​何の価値も
ありゃしない。

​何百万ポンドが
石ころだって……?

​比べ物にならないほどの
価値がこのルビー玉には
あるっていうのか……?

​…それもそうか。
命を狙われる程の
代物……

​恐ろしい……

​……まぁいい。
しばらく休んでな。

​買い物に行って来るけど
何か要る物はある?

​ん………?
ああ、そうだな……

24ページ目

​DVDと宝玉じゃ
不釣合い、か……

​全く、おかしな
事を言う女だ。

​この輝きの中に、
オーブの秘密がある。

​すぐに暴いてやるぞ。
この赤い光が何を語り
かけているのか……

​承認が必要な
商品です。従業員が
参りますまで……

​はあ?

25ページ目

​今まで知らなかったよ。
セルフレジってお酒買おうと
すると止まるんだねぇ。

​君はお酒は
飲まないのかい?

​いや、全く…

​そう言うあなたは
そもそもお酒が飲める
年齢なんでしょうね。

26ページ目

​この国では何歳から
飲んでいいんだっけ?

​……18だ。

​なら平気。

​その言い方……

​平気じゃない
国もまだある
って事?

​あはっ。
意外と鋭いじゃないか。

​さぁて……
どうかな。

​あるかも
しれないとだけ
言っておこうか。

​こいつ、寝顔は
子供っぽく見えたけど……

​こうしていると結構
大人に見えるかも……

27ページ目

​あなたはフランス人?
少なくとも、この国の
出身じゃないよね。

​なぜフランスだと?

​そ、それは……
何となく見た目、いや、
雰囲気がそうっぽいし。

​本当はあの夜に
フランス語で何か口走って
いたからなんだけど。

​ふぅん、
雰囲気ねぇ。

​でも、普段住んでるのは
アメリカかな?あまりにも
英語が上手だから。

​どこで生まれ
育ったんだろう?
経歴が気になる。

​そりゃどうも。

​実際、この喋り方は謎だよなぁ。
発音は完全にアメリカ訛りだし、
口調は男の子みたいだし。

28ページ目

​映画版?

​うん。

​90年代頃から旧作アニメの
映画化ブームがあって……

​色んなアニメが
CG映画になったり
実写化されたり……

​そして去年、
とうとう……

​秘密探偵メール・ブランクも
映画版が作られたの。

​ふうん。どうだった?
面白かったか?

​………ん?
どうした?

​もしかして、
観てないのか?

​上映は………
されてないんだ。

​え?

29ページ目

​最初にアメリカで
公開された時に全く
人が入らなくて……

​アメリカ以外での
公開は全面中止に……

​なんだ、やっぱり
あれって無名なアニメ
だったのか……

​ちっ……違うよ!
原作のせいじゃないもん、
映画がコケたのは!

​DVDはこっちでも
もうすぐ出るらしい
んだけど……

​どうせだったら
映画館のスクリーンで
見たかったなぁ。

​………………。

30ページ目

​アリス、悪いが
そろそろ……

​あ、ああ。そうだね。
休んだほうがいい。

​…………。

​どんな味がする
もんなのかね……

​光にかざすと
意外と綺麗かも。

31ページ目

​…………。

32ページ目

​まだ起きてたの?

​アリス。

​これを持っていくの
忘れてて……

33ページ目

​そうか……。

​…………。

​……あのさ、
さっきから気になって
たんだけど……

​その髪の毛って
変装か何かなの?

​ああ、これか。

​特殊な染料でね。
普段は透明
なんだけど……

​いざという時は
熱を加えると一瞬で
ブロンド色になるんだ。

​姿をくらますのに
役立つが、
欠点もあって……

​長時間放置すると
透明に戻っちゃうとか?

​正解。まだらになって
きた時は焦ったよ。

34ページ目

​もうそんな変装は
通用しないぞ。本当の
髪の色を見てやった。

​ふふ。
残念でした。

​この色も地毛じゃ
ないよ。

​えっ!

​そ、そんな……

​ずるい……
自分の事は何にも教えて
くれないなんて……

​……………

​……ふうん。
そんなに私自身に
興味があるんだ。

​え、い、いや、
ち、ち………

35ページ目

​違う……!
わ、私はただ……

​あなたから情報を
集めれば、その……

​捜査の
参考に……

​ふーん……
なるほどねぇ……。

​あ…………

​それなら、君に一つだけ
私の秘密を打ち明けよう。

36ページ目

​マリー……?

​手が……
手の感触が……

​先の君の推理は間違いで、
私はアーセニウスの
関係者などではない。

​アーセニウス
というのは……

​この私のことなのさ。

37ページ目

​…………………。

​……うそつき。

​なぜそう思うんだい?

​わ、私にだってそれくらい分かる。
年齢的に辻褄が合わないし、
あなたはまだ子供だし………

38ページ目

​あ……

39ページ目

​罠だ。

​あはは、
びっくりしてる。

​…こわい?

​そ、そんな事……

​君のほうが
よっぽど子供みたい。

​一体何が狙いなの?

40ページ目

​抵抗しなきゃ、
抵抗しなきゃ……

​ああ、でも………

​月が………

​とても、眩しい……

41ページ目

​……………。

​お腹の包帯が
痛々しいな……

42ページ目

43ページ目

​TO BE CONTINUED...